ゼミナール

ゼミナール(ゼミ)とは、少人数の学生が教員の指導もとで、自ら共同研究や発表を行うスタイルの教育方法です。「演習」といわれることもよくあります。

日本ではほとんどの大学でゼミナールが開講されていますが、世界を見渡すと、ゼミナールが存在しない国もあるようです。たとえばアメリカの大学(学部)は講義を中心にカリキュラムが構成されており、ゼミナールのような少人数の対話型教育がスタートするのは大学院からのようです。ゼミナールは、日本の大学教育を特徴づける重要な教育システムといえます。

考える力をみがく

マーケティングをマスターするには、マーケティングについての専門的知識を学ぶことが必要です。さまざまな概念や理論を知らなければ、優れたマーケティング活動はできないでしょう。しかしそれだけでは不十分です。人々の心をつかみ、「これが欲しい」という気持ちを生み出すには、独自性の高い戦略を策定することが求められます。このためには考える力が大切となります。そこで私たち久保田ゼミナールでは、「マーケティングについての専門的知識」と「考える力」を身につけることを目的に活動を行っています。

論文ベースのゼミナール活動

私たちのゼミナールではケーススタディー、フィールドワーク、専門書の輪読、企業とのコラボレーションなど、色々な課題に取り組みます。中でも特に重視しているのが、研究論文の作成です。研究論文の作成は「マーケティングについての専門的知識」と「考える力」を身につけるために、非常に効果的だと考えるためです。

一本の論文を完成させるのは、想像する以上に大変な作業です。自ら研究テーマを定め、膨大な数の先行研究を熟読し、それらを丹念に整理しなくてはなりません。独自の視点や仮説を設定し、実験や調査によって確認する必要もあります。多くの学生たちは論文作成に取りかかり、しばらくすると、それが気の遠くなるような作業であることを理解します。

研究を続ければ続けるほど、ほとんどの仮説や新しいアイディアが、すでに発表されていることを知ります。論旨を組み立てていくうちに、自分たちの考えに曖昧さや論理的矛盾が含まれていることに気づきます。こうして学生たちは自分たちの思考がいかに表面的なものであったのか、そして独創性に欠けたものであったのかを痛感することになります。

学生たちの苦労は執筆段階に入ってからもつづきます。一貫した主張にもとづく理路整然とした文章を数十ページにわたり書き綴るという作業は、ほとんどの学生が経験したことのない作業です。

私たちのゼミナールの学生たちは、このような作業を積み重ねることで、新しい考えを創ることの大変さを実感し、またそのプロセスを身につけていくことになります。

大学でしかできない教育

ちかごろ「即戦力」という言葉をよく耳にします。おそらくそれは、企業や組織に入り、すぐに仕事をこなせる人材という意味でしょう。即戦力の育成こそ、社会が大学に求めるものだという主張もあるようです。

もちろん私は「すぐに役立つ力」を身につけることに反対ではありません。しかしそれ以上に、「いつまでも役に立つ力」を身につけることが大切だと考えています。学生たちが、30代、40代、50代と、年齢を重ねたときも色あせない、骨太の知識や能力です。

分野を問わず、基本的な知識や論理というものは、古くさくて面白みのないものと思われがちです。しかし実際には基本的な知識や論理ほど、いつまでも輝きを失わないものです。巷をにぎわす多くの「最新理論」が、あっという間に風化してしまうのと対照的です。

即戦力の基となる実践的知識は、実務を通して身につけることも可能です。しかし、企業や組織で働きながら基本的な知識や論理を体系的に学ぶことは、容易ではありません。これは、多くの優秀な実務家が社会人大学院で学ぼうとすることからも明らかでしょう。

大学では、企業や組織に入ってからでも学べることよりも、企業や組織に入ってからは学べないことに取り組むべきではないでしょうか。「大学でしかできない教育」を志向することが大切なのではないでしょうか。研究論文を中心とする私たちのゼミナールは、そんな理念に基づいています。

受賞と実績

久保田ゼミナールの学生たちが行った研究は、学外・学内の双方において高く評価され、いくつもの受賞をしてきました。これまでの実績については受賞と実績のページをご覧ください。

久保田ゼミナール 公式ウェブサイト

学生たちが運営する、久保田ゼミナールの公式サイトです。ゼミ活動の様子が詳細に紹介されています。久保田ゼミナールを志望される方は必ずご覧ください。